インバウンド

中国語のガイドになって国際交流!

  • LINEで送る

2017年5月に通訳案内士法が改正され、
2018年1月4日からは通訳案内士資格を持たない人が、
外国語でガイド行為を行うことが可能になります。

JNTO訪日観光客2017年5月統計は229万人と5月最高値でした。
2016年の年間訪日外国人数は約2400万人で、過去最多となりました。
このうち、訪日外国人の大半は中華圏(中国・台湾・香港)と韓国の人々です。
訪日中国人観光客は年間637万人(2016年)が訪日しています。

しかしながら、通訳案内士の登録者数は、
英語、フランス語など10言語の合計で2万人程度しかおらず、
中国語・韓国語のガイドの対応ができる方は資格保有の有無にかかわらず、
圧倒的に足りていないのが現状です。

カフェ中国語で旅行者の方をもてなす中国語を身に付け、
来日される中国人の方々と国際交流することで、
中国語を学ぶモチベーションにもなり、
さらにあなたの世界が広がるのではないでしょうか?

この機会に是非!
中国語に挑戦して下さい!

コメントを残す

*