中国語学習

中国語【基礎】ピンインについて

  • LINEで送る

中国語学習でよく言われることが、
文法は難しくはないが、
発音をマスターするのは大変だという話です。

51音(母音5音と子音10音)で構成されている日本語にはない音がたくさんあり、
重要なのが音程の変化である四声(アクセント、高低や上げ下げの調子)の学習です。
一つの単語に対して4つのアクセントがあり、
それぞれ意味が異なります。

声調とは音程の上げ下げなのですが、
同じ音でもこの音程によって意味が変わってきます。

中国語の音については、
中国政府が制定したピンイン(拼音)表と呼ばれる、
日本語の50音表のようなものがあります。
この発音記号には韻母(母音のようなもの)39種、ゼロ声母をふくめた声母(子音のようなもの)22種の組み合わせにより、
約400種類程度の発音記号があります。
これらに冒頭の声調(四声)というアクセントが組み合わせになり、

発音パターンは1500~1600以上ともいわれています。

これらを身に付けるには、
覚えるべき子音と母音、その組み合わせを効率的に習得する必要があります。

コメントを残す

*